よくあるトラブル

かつての消費者金融などで問題になったヤクザまがいの取り立ては、昨今ではほぼ無くなったといえます。ましてやプロミスやアコムなどの大手に関してはクリーンなイメージを打ち出している現状、そういった借金トラブルの報告はほとんど聞きません。
ただやはり金貸しを生業としている以上、滞納や遅延をする契約者は少なからずいるようです。そういったケースでは、プロミスに限らずどこの消費者金融も必ず本人へ連絡せざるを得ません。そこで連絡にでないといったトラブルはあるようですが、これはプロミス側にとっては逆に迷惑をかけられているという状況ですね。貸した物は返してもらうのが事業の根幹であり、借りた方も借りたのなら返さないといけませんよね。
また契約者側が自分で陥っていくトラブルとして、借金を借金で返済していく自転車操業的な借入の繰り返しです。これではいつまで経っても借金は無くなりませんし、最悪の場合は返済が追いつかなくなり、調査機関によるいわゆるブラックリストに載ってしまいます。そうなればもう今後融資を受けることはしばらく不可能となり、そのリストから名前を消すにも5年以上は掛ってしまうでしょう。
法律などで消費者が守られるようになった現在で、借金に関わるトラブルは借りた相手が悪徳金融業者でもない限り起こりません。仮に起こったとしても契約者側の一方的な滞納などです。借りたものは返すというのが最低限のマナーなので、きっちりと守るようにしましょう。